大人の学び

社会人教育の現場では時にこんな言葉が出てくる。

「今さら研修なんて受けても意味がない。営業で培ってきた俺の経験に勝るものはない。」

研修に対し多かれ少なかれ斜に構える受講者の姿は日常だ。

経験が豊富なことはプラスであるが、時にマイナスな面も持つ。

大人は子どもほど素直ではない。

 

社会人が学ぼうとするのは仕事で生じた問題を解決したいと願うときや、自分に与えられた役割を全うしようと思うとき。

そこには確固たる動機が必要で、彼らは学ぶ目的や動機がはっきりしないと学ぼうとしない。

そしてその動機は多くの場合、自尊心や自己実現などの高次な欲求に密接に絡みあっている。

 

人は誰しも「認められたい」「褒められたい」「役に立ちたい」「愛されたい」

そこをうまーく刺激することが必要なのかと。

 

そのへんは子どもも大人も同じだな^ – ^

 

社労士会三河中支部の勉強会。

外国人技能実習制度について。

学ぶことは楽しい♪

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP