わかりやすい伝え方

伝え方の研修で。

基本的な「型」のお話をしますが。

相手によって対応は全く変わります。

 

歴史上の人物になぞらえた上司のタイプ4パターン。

 

信長タイプ「鳴かぬなら、殺してしまえ、ほととぎす」

結果だけの簡潔な報告を望み、即断もできる人。

 

秀吉タイプ「鳴かぬなら、鳴かせてみよう、ほととぎす」

社交的で、口頭による対話的報告を好む人。

 

家康タイプ「鳴かぬなら、鳴くまで待とう、ほととぎす」

報告時に即答を求めても、即断即決の指示は出ない人。

 

光秀タイプ「鳴かぬなら、調べてみよう、ほととぎす」

報告で一部始終を詳細に知りたいデータ好みの人。

 

相手は変わらないので、自分の報告の仕方を変える。

失敗を繰り返しながら、ちょうどいい加減を覚えていく。

 

今日の帰りは岡崎の花火で、いつも座れる普通電車が超満員。

家の近くの田んぼ道で見た花火。

携帯で撮るとフラッシュのタイミングと合わず。

ようやく撮れたベストショット。

実際はもっともっと美しい^ – ^

 

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP