「業務削減」に失敗する「本当の理由」

「業務削減」とは、不要だと考えられる仕事をあぶり出し、減らすこと。

長時間労働是正のためには必須だが、なかなかうまくいかない。

 

「5S研修」などをして業務削減がうまくいかない理由をあぶり出してみると

出てくる出てくる。

 

「部署間の連携がとれてない」

「忙しくて時間がないからつい後回し」

「業務削減という名の仕事が増える」

 

でも一番の難しさの原因は

(管理職が)判断の軸を持てていないこと。

 

過去の因習から脱却するときに欲しいのは

「判断(意思決定)」してくれる人。

 

しかるべき人が戦略を立て

外部環境を見据え

意思決定する仕組みがない限り。

 

ちょこちょこ身の回りを片付けても元の木阿弥。

 

「どんな仕事も尊いものだ!」

それはそうなんですけど。。

 

「すべての業務が必要だ!」

本当か?


人材開発&組織開発に関する情報が毎日届きます。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP