パワハラが無くならないわけ

研修をし

相談窓口をつくり

担当者が必死に対策しても。

 

パワハラは無くならない。

 

厚生労働省によるパワハラの定義がある。

「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」

 

一生懸命に対策しても次々と問題が起こるのはなぜか。

「パワハラはあってはならない」

という精神論から出発すると「パワハラは大なり小なりあるものだ」という現実と向き合えない。

 

もともとパワハラを認めたくない上司は、少しでも定義と違うものは「パワハラではない」と、とりあえず結論づけようとする。

精神論的な規範を元に「パワハラはあってはならない」と考えていると、パワハラが起きることそのものを恐れるようになる。

 

そして表沙汰になることを必要以上に嫌い「隠そう隠そう」という姿勢がどうしても出てしまう。

 

さらに問題を複雑にするのは

建前と精神論の世界で仕事をしている人々には悪意がないこと。

 

そもそもわかっていて悪いことをする悪い人は少ない。

善意で無意識のうちに人を傷つけてしまう。

 

「意識改革」と称して、研修できれいごとの”あるべき論”を並べても。

現場からしたら空々しい。

 

朝、家の前の通学団の集合場所をチラチラ気にする小4の娘。

1年生の子が一人早く来て待ってると

「一人にはしておけんでしょ!」

と慌てて家を出る。

 

自分より弱いものを

放っておけない。

守りたい。

手を差し伸べたい。

 

大事なこと。子どもの方がわかってるなーと^ – ^

 

人材開発&組織開発に関する情報が毎日届きます。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP