内定後に内定者と接触する方法②

  • 先輩社員(上司、役員)との質問会や職場見学会を実施

採用担当者がどれだけ綺麗ごとを並べても、完全には信用されない。

選考中は不合格になるかもしれないため、なかなか本音の質問はしにくい。

でも不安が全くないという人はほとんどいないだろうし、

入社してほしい人の不安を解消するための努力は必要。

 

「何かあればメールや電話で遠慮なく聞いてください。」と言っても、なかなか聞けないもの。

直接会ってフランクに質問できる場を設けることで、入社前の不安を解消してもらう。

 

例えば懇親会(飲み会)の開催は、非常に多くの情報を得ることができ、会議室で実施する何倍もの効果アリ。

お互いが微妙な距離感の中での飲み会は、内定者のコミュニケーション能力を図る上でも有効。

ただし、懇親会等に参加する企業側の人選には注意が必要。。

 

会社の実情を知ってもらうことが目的だが、同時に内定者を引き止めることも大事な目的の一つ。

間違っても企業側の方の酒癖が悪く。

余計な一言を言ってしまったがために。

辞退者が続出という事態にならないようにご注意を。

 

人材開発&組織開発に関する情報が毎日届きます。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP