ピンチはチャンス!

「ピンチはチャンス!」

の言葉に「私は」励まされているし、この考え方自体が好きだ。

実際に目の前の壁を乗り越えようとすることで強くなる。

 

経営者と従業員の見ている範囲は違う。

同じ「ピンチ」も種類が違う。

 

どちらが重いとか軽いとかではなく。

意識が高いとか低いとかでもなく。

 

ただ異なる。

 

自分の立つポジションによって見える範囲は異なる。

 

 

自分の見える世界の考え方を「そのまま」言葉で落としても伝わるわけがない。

 

わかる言葉に変換する必要がある。

 

お客さまからクレームで怒鳴られてすぐに。

「ピンチはチャンス!」

の一言を聞いた従業員はどう思うでしょう?

 

彼らが欲しいのは

「どうしたらクレームを言うお客さまを素早くなだめられるのか?」

その技術。

 

そんな精神論ではない。

 

場所と立場が変わればまた変わる。

 

会社では上に立つ男性の日曜日の家庭内でのポジションは?

奥さんとは見える範囲が異なる。

 

人に上とか下とか、勝ちとか負けとか、そんなものはない。

人は皆同じだ。

違うのは単なる役割。

 

 

社員研修内製化にもオススメ↓

人を育てる適性検査「ポテクト」

 

人材開発&組織開発に関する情報が毎日届きます。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP