「評価」とは伸ばす方向を示すこと

よくありがちな会話。

「今期、頑張ったなー!この調子で!」

何をどう評価され、

これから何を伸ばせばいいかわからない。

 

この「伸ばす方向」とは、

「本人の成長」や「能力・スキルの伸張」

 

人は第三者から評価されるに従って能力やスキルを伸ばそうとする。

評価とは成長の支援。

 

しかし、評価に対する語彙力が少ない人が大勢いる中で。

これがなかなか難しい。

 

1.何を(What

2.どのように伸ばし(How

3.その結果、何を成果としてめざすのか?(Result)」:

 

それを明確にしてくれたら

頑張れる人は多い。

 

その語彙を増やすために「読書」はとっても有効だと思う。

 

気合、根性、精神論から脱却し、

より具体的に。

相手の心にささるフィードバックをすることが目標です。

この目標も客観的に評価ができないNG目標です。。

 

社員研修内製化にもオススメ↓

人を育てる適性検査「ポテクト」

 

人材開発&組織開発に関する情報が毎日届きます。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP