言葉ひとつでシャットアウト

研修で一番気をつけていることは「何気ない言葉」

使う「言葉」ひとつでも間違えてしまうと、相手に話が入らなくなる。

心がシャットアウトしてしまうと

何も伝わらないし、実践されるわけもなく、効果も出ない。

 

仕事は自分どうこうは関係なく、相手の感じたことがすべて。

最も気をつけるべきは「相手の過去を安易に否定する言葉」

 

例えば、長時間労働是正の件。

「無駄な残業時間を減らしましょう!」

誰も「無駄」な仕事をしているとは思っていない。

 

一生懸命仕事をしてきて、

それでも仕事が終わらず必死なところを。

「無駄」の一言で片付けられてはたまらない。

 

例えば、女性活躍推進の件。

「これからは女性もどんどん活躍しましょう!」

この言葉に違和感を感じる女性は多いと私は思う。

 

なぜならこの言葉の背後に

「これまでは活躍していなかった」というニュアンスを感じてしまうから。

 

相手の過去に配慮がない言葉は、即検出される。

 

相手との間に信頼関係が築けていない場合はなおさら。

リカバリーできない。

 

良くも悪くも「言葉」ひとつで人は大きく変わる。

 

事務所前にある自販機でジュースを買ってもらえる楽しみと。

Wi-Fi環境が整っていてゲームができるので、一緒に来るのを楽しみにしている息子と娘。

研修だとよくよく考えて「言葉」を選ぶのに。

子どもたちに投げかけている「言葉」は大丈夫か?

 

人材開発&組織開発に関する情報が毎日届きます。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP