心の発動を原点とした愛の連鎖 教え育む教育とは

「令和」初日は宇城先生の道塾。

「教育」はeducationの翻訳語として明治時代に導入されたもの。

当時の日本の教育内容に合うように書き換えられており

江戸時代にあった教化(教育)の部分が継承されていない。

 

educationの語源は「引き出す」という意味のeducare 。

今の教育は「教えて→育てる」という「上から下へ」の詰め込み教育。

 

教育を単に「教えて、育てる」と捉えるのか。

「教えて、愛情をもって育んでいく」と捉えるのか。

 

「おしえる」の語源は「愛(お)しむ」であり

「そだてる」は「副い立つ=寄り添う」

 

「愛しえて、寄り添う」教えこそ日本本来の教育。

 

自転車に乗れるようになるのに必要なことは

何回も「こける」こと。

ある日乗れるようになると一生乗ることができる。

無意識で乗れる状態を「身につく」という。

 

教育の原点は「自分でやってみたい」という意欲と自主性。

そこに導く指導者の存在は大きい。

 

指導者ほど謙虚になり1に勉強、2に勉強、3に勉強。

「道」春号より。

 

自分の幸せはみんなの幸せであり

みんなの幸せは自分の幸せであることを。

間近で感じさせてくださる方々と共に…

 

「令和」の時代を生きていけることが

何よりの幸せです。

 

出会いをつくってくださった方に心から感謝。


人材開発&組織開発に関する情報が毎日届きます。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP