リーダーシップがあり魅力的な新入社員は「手のかからない人材」である。本当か?

リーダーシップがあり魅力的な新入社員は目立つ。

もう仕事を通じて成し遂げたいものが決まっていて。

それに向かって他者に影響を与えることができて。

ポテンシャルの高い人財。

 

こんな新入社員が採れたときには…

採用担当者は、上席からも評価され大喜びに違いない。

 

では、こんな素晴らしい新入社員は手がかからないのでしょうか?

 

彼らはすでに成し遂げたいものを持っている。

それがここで手に入らないことに気づいたら。。

何の躊躇もなく「より良い条件のところ」に行くでしょう。

 

だから通常の新入社員と同じようなキャリアでは満足しない。

 

つまりハイポテンシャル人材とはハイメンテナンス人材。

引き止めておくためのコミュニケーションコストがかかる。

 

常にスポットライトを浴びせ続け、

望む演目と演台を用意する。

 

「一から教え込まなくてもよい」

という意味では手がかからない。

 

しかし別のところでは大変手がかかる。

 

そしてこれを見た他の新入社員は「白けて」いく。。

「あの人ばっかりずるい…」

 

組織開発は人の心情の機微を読むこと無しにはできないもの。

 

新入社員のうちからそんな「特別なキャリア」を歩ませるケースは少数派でしょう。

だから彼らには「丁寧なコミュニケーション」をとり続けるしかない。

 

それができないのであれば早期離職を止めることはできない。

貴社には舞台とスポットライトはありますか?

 

人材開発&組織開発に関する情報が毎日届きます。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP