2021年の三碧木星の流れ

今日は三碧木星のお話です。

「春は近いが、まだ春ではない。

生命の循環の準備を受け入れて開運。

周りの動きはどうあれ、自身は明るく生きるのみ。」

2021年は「準備」の場所に位置する三碧さん。

2020年は陥入の年だったので、しんどかったけれども

誰かに支えられながら生きてきた。

そのことをすぐに忘れてしまう三碧さんですが、

支えてくれた人に不義理をするとトラブルになるので注意。

光と闇はセット。

誰かが光れば、誰かが影を受け入れてくれている。

2021年は小さくて、つまらなくて、面白くないことがやってくる。

それもこれまで誰かが受け入れてくれていたこと。

その誰かに自分がなるほど、運勢が強い。

「そこまで行けるはず!」って思っても横槍が入って行けない。

それが気に入らないと感じるが、回り道をすることは吉。

自分の周囲が整っていることも気に入らないと思うが、

周りが整う=自分もいずれ整う。

そのために光を<譲る>一年に。

主体を自分から「みんな」へ。

我が家の男性陣を間近で見ていて、

こんな風に生きれたら幸せだよなって、いつも思います。

(自分軸が出来上がってて、人との比較を全くしない)

明日は四緑木星のお話です。

今年もあと少し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP