人生をひらく五つの「自」

10月号の致知より。

葛飾北斎の人生をひらく五つの「自」

 

一つ目は「自省の念」

満足してしまったら、それ以上の成長はないと

自身を省みること。

 

二つ目は「自持の念」

自分がこうだと納得しない以上、

たとえ藩主の求めであったとしても応じないという姿勢。

いかなる時も自分で考えて判断し、行動すること。

 

三つ目は「自己開発」

旺盛なチャレンジ精神。

 

四つ目は「自己実現」

目的や理想を持っていて、

それに向けてどこまでも突き進む執念。

 

五つ目は「自己韜晦(とうかい)」

決して傲慢にならず、自慢をしないこと、

謙虚であり続けること。

 

北斎が七十三歳のとき、天保の飢饉が起き

皆食べるのに精一杯で錦絵を買ってくれる人はいなかった。

 

そこで北斎が思いついた「絵直し」

点でも線でも好きなものを描いてもらい

それに米一升を添えると、北斎が見事な絵に仕上げるというもの。

 

一流画家との共同作業による絵が手に入るということで

庶民の間で人気を博し、困難な時代を生き延びたと。

 

柔軟な姿勢で物事に対峙し、

自由自在、自ら考え判断する自主独立した生き方。

 

目指す道です。

★★★YouTube『女性社労士チャンネル』はこちらから★★★

 

助成金に関心のある経営者の方は、こちらのホームページをご覧ください。

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

社会保険労務士事務所「サン&ムーン」
代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP