プレーヤーからリーダーになったときに陥る病

プレーヤーからリーダーになったときに陥る病。

「自分でやった方が早い病」

 

これには2種類。

 

1つ目は、周りが仕事のできない人ばかりで、とても仕事を任せられないというケース。

自分が優秀だと自己満足には浸れるが、

いつまでも目先の仕事に追われることになる。

 

2つ目は、任せたいけれど、お願い下手で頼めないケース。

相手に嫌な顔をされたくないなーと悩んでいる間に

自分でやってしまおうかな。。

 

気を使いすぎてしまう人や優しい人が陥るパターン。

 

「できる自分」が仕事を抱え込むことで

周りの人はやる気をなくす。

部下が育たない。

 

一人の能力には物理的な限界があり

業務は停滞する。

 

「自分でやった方が早い病」の問題点は、

いつまでもプレーヤー1人分の仕事しかできないこと。

 

これを克服できれば

・周りの人と共に自分も成長できる

・心身ともに健康になる

・昇進・昇給の可能性が高まる

・本当に信頼できる人に囲まれる

・会社が安定・成長する

と良いことづくめ。

 

周りの人を信じ、頼るのは勇気。

 
助成金に関心のある経営者さまは、こちらのホームページをご覧ください。

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP