手当はストレートなメッセージ

2020年4月(中小企業は2021年4月)から始まる同一労働同一賃金。

雇用形態にかかわらない公正な待遇確保を。

 

規程整備のポイントのひとつ。

個々の手当が「どのような目的で支給されているか」

 

手当というのは会社からのストレートなメッセージ。

例えば「資格手当」をみれば、会社がどの資格を推奨しているか一目瞭然。

明確な支給基準を作成し、該当者(正社員、非正規社員問わず)にもれなく支給。

 

「特殊勤務手当」等、大変な職務を担当する社員への手当もあるが。

変化のスピードが早い昨今。

 

数年前は価値があっても、今はほとんど価値がない。

そんな職務も存在する。

 

あまり見直されることがないかもしれないけれど。。

仕事に関する手当は適宜見直しを^ – ^

 

 

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP