評価制度

仕事中、業務と関連性のないサイトを見ている部下がいる。

注意してもやめない。

遅刻も多い。

 

しかし知識が豊富で業務遂行に役立つ改善策を積極的に提案する。

専門的な業務をさせると抜群。

 

そんな部下がついたとき。

 

倫理観の強い人は「遅刻なんてあり得ない」と低い評価をし、

専門的な仕事に価値をおく人は高い評価をする。

業務と関連性のないサイトを見ることも「情報収集」だと評価する。

 

 

人は常に自分と同じ意見の人を探している。

 

自分に似た人を可愛く思い、

そうでない人は好まない。

 

人事評価は好き嫌いではない。

行動、事実、結果でなく感情で評価していることを

上司が思うよりも部下は簡単に見抜く。

 

人事評価はうまく活用すればモチベーションを上げるチャンス。

かえってモチベーションを下げることになっていないだろうか。

 

評価となる行動を選択し

評価項目を選択し

評価点をつける。

 

まずはその基準が考課者にも被考課者にも明瞭に言語化されていることが、不信感を生まない第一歩。

 

新しい柔道着。

帯の縛り方がおかしいけれど。

「信太朗」の刺繍がカッコイイ💛

 

気づきのメッセージを毎朝7時にお届けします。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP