「私の正義」という名のフィードバックを撒き散らす私へのフィードバック

1年半前に行った話し方のセミナーで

受講者同士、話し方のフィードバックをしたことがある。

 

どんなことも正直に伝えた方が良いと思う私は

感じたことをストレートに話した。

 

その時に言われた言葉。

「相手が受けとれないものを与えるのは自己満足」

そうかー。

その時それを伝えてもらってなかったら。

 

「私の正義」という名の毒を撒き散らしていたと思うと。。

耳の痛いフィードバックをしてくれたその方に感謝。

 

仕事におけるフィードバックとは

行動の結果を評価し、相手に伝え反映させること。

 

ハラスメントに対する風当たりが厳しくなる中で、

権力に頼らず部下育成ができるスキルとして存在する。

 

そんなフィードバックは相当重要なスキルだと思うが。

何せ学びにくい。

なぜか?

 

フィードバックは「ブラックボックス」の中で行われることが多いから。

たいてい上司と部下の二人きりで行われる。

第三者に客観的に意見を挟んでもらう機会がない。

 

自分のフィードバックは是か非か?

 

よくわからないまま。

役職が上がりフィードバックの機会が増える。

 

その時、どんなフィードバックをするか?

大半が自分の上司がしていたフィードバックを「再生産」。

 

そういえば!

私も上司からとってもストレートにフィードバックを受け続け。

そのおかげで今があると思っているので…

厳しさこそ愛💛

と思い込んでいる節がある。

 

自らセミナーに通い、気づかせてくれる講師と出会わなければ

「私は正しい!」

と突き進んでいた。

 

フィードバックを「学ぶ」こと。

必要です。

 

フィードバックは自らフィードバックをし、

それに対する客観的な意見をもらい続けることでしか学べない。

 

が。これは結構しんどい。

 

キャリコンの講座に通っていたとき。

自分の応対をジーッと見られて

あーだこーだ言われることは…

結構しんどかったぞー(ー ー;)

 

会員になる前から応援し続けてくださる

温かーい岡崎商工会議所の皆さま。

ありがとうございます(^ω^)


人材開発&組織開発に関する情報が毎日届きます。

ご登録はこちら↓

友だち追加

ID検索

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人を育てる人、を育てる。

採用定着コンサルティングOFFICE「サン&ムーン」
代表 社会保険労務士 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP