大阪府保険医協会さまにて「スタッフが育つ仕事の任せ方」

人を相手に働く人にとって

関係性のメンテナンスは非常に重要。

 

それを忘れてタスク遂行ばかり考えると

歯車が狂い出す。

 

アサーティブはメンタルヘルスの対応策として生まれた

自分も相手も大切に、お互いの違いを認め合い、

それを表現し理解する対応。

 

自分を犠牲にしてその場を収めようとする人は

ストレスを溜めやすい。

 

部下

非正規

看護師

福祉職

サービス業

苦情処理

 

このような立場にある人は、

バーンアウトしやすい。

 

人々のケアや回復、もめごとの修復や解決にあたる仕事では

自分の感情と違う行動をとる必要がある。

 

感情労働がまさるとしんどい。

 

対応するお客さまの層が多種多様であればあるほど

人を相手にする仕事は難しく大変だ。

 

そんな方々が少しでも自分を大切にできるよう。

アサーティブの学びがある。

 

大阪府保険医協会さまにて。

院長夫人の皆さまへ。

「スタッフが育つ仕事の任せ方」についてお話しさせていただきました。

 

アメブロ更新のお知らせが毎日届きます。

友だち追加してくださると嬉しいです!

友だち追加

ID検索はこちら

@hlj8422z
お問い合わせはこちら
サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人が輝く職場づくり

社労士キャリアデザインOFFICE「サン&ムーン」
人材開発専門社労士 代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP