言葉の使い方ひとつ

言葉の使い方ひとつで相手に与える印象は大きく変わる。

 

アサーティブは一方的ではなく、自他尊重の主張の仕方。

 

まず相手も認識しているような客観的事実を描写して

自分の気持ちを表現。

そして伝えたいことを提案し

受け入れられた場合と、そうでない場合の返答を用意しておく。

 

この流れに沿った切り返しをすると

自分も相手もOKな主張ができる。

 

例えば

「お客さまとトラブルがあったことをなぜ報告しないの?!」

と怒るのではなく、

 

「お客さまとトラブルがあったよね。(事実の描写)

私は報告してほしかった。(自分の気持ち)

もし次に同じようなことがあったら報告してくれるかな。(提案)」

 

この流れで言いかえる。

あとは相手の出方次第。

 

伝え方ひとつでパワハラともとられてしまう。

指導とパワハラの境界線は難しい。

 

でもそこに尊敬と信頼があったなら。

必ず伝わる。

 

大事なのは日常だけど、

ちょっとした言葉の使い方に気をつけるだけで大きく変わる。

 

一度出した言葉は取り戻せない。

 

少し考えてから使おう。

 

アメブロ更新のお知らせが毎日届きます。

友だち追加してくださると嬉しいです!

友だち追加

ID検索はこちら

@hlj8422z
お問い合わせはこちら
サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人が輝く職場づくり

社労士キャリアデザインOFFICE「サン&ムーン」
人材開発専門社労士 代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2019.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP