2018
10.18

若手社員を育てるキーワード⑤「自分らしさ」

社員教育の話

「最新のマーケティング手法を取り入れて、

思い切った改革をすべき!」

と言い、部署異動を願い出る新入社員。

 

その前にまずはきちんと現場を覚えてほしい…

どんな商品が並んでいて、

どんなものが動いていて、

どうやって仕事をしているか。

肌で感じる方が先ではないか。

 

そう感じるベテラン社員。

 

若い世代は真剣に会社をどうにかしたいと考えている。

自分なりのやり方を試し、

成果として認められたい。

 

その割に、いざ思いついたアイデアを実行に移す場面になると、

まだやり抜くほどの力が身についておらず、

日常の仕事に没頭してしまったり。

 

「個性」を大切にと育てられた世代。

純粋に自分らしい仕事をしたいと思っている。

だから「誰でもできる仕事」と感じた瞬間

意欲をなくしてしまう。

 

誰にもできない自分だけの仕事は

後付けで自分がつくりあげていくもの。

 

上司が彼らの可能性を信じ、

個性に興味を示し、味わい、活かそうとする。

 

そうすると若手社員は安心感と自分への自信を育てられる。

 

「今どきの若者は…」

とひとくくりにして諦めるのではなく、

「◯◯さんは、どうしたらやる気になるかな?」

と一人ひとりに目を向ける。

 

上司にとっては、たくさんの部下の中の一人かもしれない。

しかし、部下にとってはたった一人の上司。

 

自らの発する言葉の重みに気づいてほしい。

 

上3年にして下を知り、下3日にして上を知る。

上司との出会いが人生を根底から変えることがある。

 

良き出会いを💛

アメブロ更新のお知らせが毎日届きます。

友だち追加してくださると嬉しいです!

友だち追加

ID検索はこちら

@hlj8422z
お問い合わせはこちら
サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人が輝く職場づくり

社労士キャリアデザインOFFICE「サン&ムーン」
人材開発専門社労士 代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2018.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools