自信満々な若手社員の育て方

若手社員にも色んなタイプがいるが、

成長意欲の高い自信満々の人の育て方。

 

育てがいもあるが、若さゆえの勘違いも併せもつ。

 

彼らは「個性を活かせ」と言われて育てられてきた。

しかし、ゆとり教育の中で、個性を重んじる教育は正しく機能してこなかった。

 

結果、親や地域、学校のしつけ不足となり、

自分という「個」が社会の一部で、

社会への貢献無しには「個」の自己実現は見込めない

という視点が欠けている。

 

だから自分は社会の一部で、

ビジネスは自分中心ではなく相手中心だと教える。

 

そして、彼らは自信家のわりに、ちょっとした挫折でくじける。

 

金属同様、頑丈で強いがポキっと折れる。

ゴムは柔らかくて一見弱そうだが、折れない。

 

小さな挫折を経験させ免疫をつけさせること。

自分の失敗談なども伝えながら。

 

人が興味があるのは、こんな大変なことがあって、

そこをこう乗り越えたんだという物語。

 

ともすると、あがりきった後の自慢話になりやすいが

そうではなくて、一番しんどい部分とあがり方を伝える。

 

そして、彼らはちょっとつまらないと思うと、すぐに転職を考える。

「私はこんな雑用をするためにこの会社に入ったわけではない。」と。

 

個人的に、継続することが大事だと思っている私は、

どんな仕事であってもとりあえず3年くらいは必死に取り組んでみる姿勢が

必要じゃないかとは思う。

 

どこかに勤めるのであれば

そんなに大差ない。

 

「辞めてどうするか?」

一緒にきちんと向き合う。

 

成長意欲の高い人は、

この人の言うことを聞けば成長できる!

と思えば、その人の言うことは聞く。

 

何を言うかより、誰が言うか。

 

だから日常から信頼と尊敬を得ておくことが最重要。

 

単純に「生意気だ」と排除するのではなく、

成長しようという気持ちを応援し

自己実現をサポートする。

 

そんな上司の存在は宝だ。

アメブロ更新のお知らせが毎日届きます。

友だち追加してくださると嬉しいです!

友だち追加

ID検索はこちら

@hlj8422z
お問い合わせはこちら
サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人が輝く職場づくり

社労士キャリアデザインOFFICE「サン&ムーン」
人材開発専門社労士 代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2018.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP