2018
08.25

1億総学び時代のキャリアの築き方

キャリアの話

今後自分のキャリアをどう築いていくのか?

「LIFE SHIFT」著者のリンダ・グラットンさんによれば、2007年以降に日本で生まれた子どもの50%以上が107歳まで生きるという。

2017年7月に亡くなられた、聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生は、最後の最後まで現役でいらっしゃった。

人生100年時代というのは、我々全員が日野原先生のように現役で生きるということ。

 

今後、働くことと学ぶことは、完全に一体化してくる。

キャリア論の中に「キャリアラダー」という言葉がある。

今後求められるキャリアは、もはやラダー(=はしご)ではなく、GPSみたいなもの。

「人生すごろく」のように、サイコロを振って、一個ずつ歩を進めて「上がり」を目指すのではなく、

「ポケモンGO」のように、色々なところに出かけてポケモンをゲットするように、自分の持ち札をどう増やしていくのか。

 

もちろん、ひとつの会社で勤め上げることは素晴らしい。

ただ、その中でどういうカードを持つのか?

 

人間の働く長さよりも企業の寿命の方が短くなる時代。

企業として考えるべきは、競争力・付加価値の源泉は、資金ではなく人材にあるということ。

人材という資産のROA(純資産利益率)を高めることが、経営戦略そのもの。

人を大切にする社会に。

人が輝けば、社会は明るくなる。

アメブロ更新のお知らせが毎日届きます。

友だち追加してくださると嬉しいです!

友だち追加

ID検索はこちら

@hlj8422z
お問い合わせはこちら
 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人が輝く職場づくり

社労士キャリアデザインOFFICE「サン&ムーン」
人材開発専門社労士 代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2018.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools