2018
08.25

面接官に向いている人、向いていない人

採用の話

面接官には向き・不向きがある。

どんな仕事でもそうだが、人には適材適所がある。

 

できないことをいくら頑張っても仕方ない。

できることは、相手の期待値を超えるほど頑張る必要があるが、できないことは「相手の出番」と考え、人に頼ることも大切。

 

【面接官に向いていない人の特徴】

  • どのような人物を採用したいのかイメージがない
  • 相手の言葉を遮って、自分の意見を話すことが多い
  • 説教グセや語りグセがある
  • 面接官はエライと思っている
  • 面接官は選ぶ立場でしかないと思っている
  • 面接官は嫌だと心の中で思っている
  • 相手の言葉の裏を読もうとしない
  • 人と目を見て話せない

なぜか人事の担当者の中には「自分は特別な人間だ」という勘違いをしている方がいるが、単なる役割のひとつにすぎない。

 

【面接官に向いている人の特徴】

  • 求める人材のイメージを持っている
  • 応募者の話を真剣に聴こうとする姿勢(傾聴)
  • 応募者の話を最後まで聴こうとする姿勢(忍耐)
  • 面接は自分が話す場ではなく、相手が話す場だと理解している。
  • 面接官は営業も兼ねていることを理解している
  • 論理的思考力
  • コミュニケーション力
  • 応募者の話から本音を読み取る力
  • 言葉以外の態度から情報を収集する力
  • 面接の流れを理解し、進行できる力
  • 終了時には、和やかな雰囲気で終了し応募者に好印象を与える力

 

「論理的思考力」と「コミュニケーション力」はすぐに身につくものではないが、

「論理的思考力の無い人」に応募者の論理性を見抜くことはできないし、

「コミュニケーション能力の低い人」に応募者のコミュニケーション力を見抜くことはできない。

まずは経営者が面接官を見抜く必要がある。

 

 

アメブロ更新のお知らせが毎日届きます。

友だち追加してくださると嬉しいです!

友だち追加

ID検索はこちら

@hlj8422z
お問い合わせはこちら
 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人が輝く職場づくり

社労士キャリアデザインOFFICE「サン&ムーン」
人材開発専門社労士 代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2018.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools