自分でやった方が早い病

プレーヤーとして優秀だった人ほど管理職になってつまづく。

プレーヤーとマネージャーの違いは「やる側」から「やらせる側」になるということ。

自分が良いプレーヤーであるほど、仕事のできない部下に仕事を任せるより、自分でやる方が早いし効率的だと仕事を抱え込む。

 

一時はいいかもしれない。

しかし長期的に見るとそれは自分の負担が増えているだけのこと。

いずれ蒔いた種が育つと、自分の負担が激減する。

未来の自分への投資だと思って、部下育成をしてみてはどうだろうか。

 

「やる気」や「誠意」は人によって感じ方が違う。

やる気があるか、態度はどうか、性格がいいか。

そんなことはどうでもいい。

 

注目すべきは部下がどんな行動をとっているか。

そしてその行動をどう修正してもらうか。

目に見える行動を軸に人材育成をしよう。

 

人材育成は感情論や精神論だけではできない。


アメブロ更新のお知らせが毎日届きます。

友だち追加してくださると嬉しいです!

友だち追加

ID検索はこちら

@hlj8422z
お問い合わせはこちら
 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人が輝く職場づくり

社労士キャリアデザインOFFICE「サン&ムーン」
人材開発専門社労士 代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2018.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP