2018
08.23

経営者さまへ

メッセージ

経営者の孤独

 

経営者は孤独だといわれます。

 

資金繰り

業績不振

従業員の育成

 

経営者の抱える課題は山のようにあります。

 

しかし、その悩みを自分ごとと捉え、理解してくれる従業員はなかなかいません。

 

それはなぜか?

 

経営者と従業員は、そもそもの目標や価値観が違います。

 

経営者にとって、その会社は自分の人生をかけた場所。

しかし従業員にとっては、単に給料がもらえる場所にすぎません。

 

「何かあったら他の会社に転職すればいい。」

そんな選択肢がある従業員と

「何が何でもこの会社を守らねば。」

そう考える経営者が同じ価値観を共有するのは難しいのが現状です。

 

業績不振を従業員のせいにしていませんか?

 

業績が上がらないのは従業員のせいかもしれません。

しかし、従業員ができないのは会社のトップである社長の責任です。

 

従業員にしっかりとした教育をし、

同じ目標に向かって走ることができれば業績は必ず上がります。

 

資金繰りに悩んだら、まずは業績を上げる。

業績に伸び悩んだら、従業員を見直す。

仕事のできる従業員がいれば企業はお金に悩むことはなくなるのです。

 

ほかとは違う「教育」

 

「いかに従業員を仕事のできる人材に成長させるか」

これはとても重要です。

 

しかし、経営者は本業に忙しく、

社員教育に時間をさいている時間がありません。

 

そんな忙しい中で、

自ら学び社員の働く幸せを追求しようと行動する経営者を

私は心から尊敬しています。

 

「人を大切にする経営者のお役に立ちたい。」

 

私には、

新たな新商品を生み出すアイデア力も、

物事を難しく論理的に考える能力も、

経営のセンスもないけれど、

 

ただひとつだけできることがあります。

「人の良いところを見つけ、伸ばし、育てること」

 

私が人材開発専門社労士になった理由

 

私は以前の会社の人事部で教育担当をしていました。

私の教育に対する理念はただひとつ。

『誰からも愛される社員を育てること』

 

社員教育を担当する中でぶつかった壁は、

組織はなかなか変えられないという事実でした。

どんなに一人ひとりが頑張っても、トップが変わらなければ企業は変わりません。

 

だから私は

「社員の働く幸せ」

に本気で向き合う経営者が輝く社会をつくりたいと思いました。

 

人をとことん大切にする企業が増えることで

そこで働く多くの人が笑顔になると思うから。

根底に愛をもった志ある経営者が真に豊かになれるよう

心、気、魂、精神、真髄の目線から社員の人材開発に本気で取り組みます。

 

人材開発専門社会保険労務士

サン&ムーン 代表 田中 亜矢子

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人が輝く職場づくり

社労士キャリアデザインOFFICE「サン&ムーン」
人材開発専門社労士 代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2018.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools