2018
04.15

働き方改革 生産性の向上 「働く」と「学ぶ」が一緒に。

社労士

働き方改革の大きなテーマは「生産性の向上」だ。

 

生産性を上げていく過程の中で

「働く喜び」を多くの人が感じられる社会になってほしい。

 

これからは「働く」ことと「学ぶ」ことが一体化していく。

 

人生100年時代。

特定の会社だけで通用するスキルではなく、汎用性があるものを身につけることが重要だ。

 

そこで「リカレント教育(教育と労働を交互に行うこと)」が重要視されているが、社会人にとって、「学ぶ」ハードルは高い。

 

その理由は

「時間がない」

「お金がない」

「何を学べばいいかわからない」

 

 

私はもともと学ぶことが趣味みたいなもので、いつも何か勉強している。

でも、これまでは机上の勉強ばかりだった。

 

今になってわかるのは、それまでの学びが役に立たないとは言わないが、単なる机上の空論だった。

もっともっと身につけるべきことは他にあった。

 

一人になってみて、そこに気付けたことは大きな収穫。

 

学ぶときは、自分のありたい姿を実現している人の真似をする。

 

そうでない人とあれこれ議論していても前には進まない。

 

 

アメブロ更新のお知らせが毎日届きます。

友だち追加してくださると嬉しいです!

友だち追加

ID検索はこちら

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

採用してもすぐに辞めてしまうのはなぜだろう。

働き方を変えるより、自分を知るほうが、働き方は変わる

 

社労士キャリアデザインOFFICE「サン&ムーン」
採用コンサルタント 代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2018.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools