2018
04.15

働き方改革 本当に伝えたいことを伝えるために必要なこと

社労士

最近の若者は叱られ慣れていない上に、

叱ったら会社を辞めてしまうという話をよく聞く。

 

しかし、人を育てるためには叱ることは避けられない。

 

大切なのは叱り方だ。

 

怒りの感情を昂ぶらせたまま相手にぶつかれば、想いが通じないどころか、

「私のこと嫌いなんですね。」

そう思われておしまい。

 

そもそも怒りを感じるということは、

自分の中に「この社員にはこう働いてもらいたい」

そんな具体的なイメージと願望があるわけだ。

それが思い通りにならないから腹が立つ。

 

大切なことは、

「こう働いてほしい。行動してほしい。」

そう要求するだけでなく、

その社員が将来的にどのようになれば本人にとって一番いいのか?

 

考えること。

 

そしてそれを上手に伝えていくこと。

 

人は誰しも「ありたい自分の姿」をもっている。

その姿と会社の理念が一致するところを上手に繋げればいい。

 

人は意外と自分のことは見えないが、

外から見るとよくわかる。

 

”気”が合う人と一緒にいると、色んなことがうまく回り出す。

その”気”を繋ぐ存在でありたい。

 

 

アメブロ更新のお知らせが毎日届きます。

友だち追加してくださると嬉しいです!

友だち追加

ID検索はこちら

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

採用してもすぐに辞めてしまうのはなぜだろう。

働き方を変えるより、自分を知るほうが、働き方は変わる

 

社労士キャリアデザインOFFICE「サン&ムーン」
採用コンサルタント 代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2018.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools