2018
04.15

働き方改革 ブレない自分であるために いつまでも諦めないしつこさを。

社労士

大久保寛司さんからの学び。

経営者には「1人1人の社員を幸せにしてください。」

社員には「辞められたら困る社員になりなさい。」

そう伝えるが、

大切なことは、どの立場に立っても要求する立場に回らないこと。

 

共通するのは、相手に求めないこと。

 

正しいことを言っても聴いてもらえないのは当たり前。

人の3倍働いて、実績を積んで初めて聴いていてもらえるようになる。

”自分”の信頼を上げない限り、何を言っても無駄。

 

私はChatWorkの山本敏行氏に、

「どうしてブレない自分でいられるか?」

と質問した。

 

それに対し、寛司さんが

「ブレてない人に、どうしてブレないか聞いてもわからない。

ブレないようにしています。という人は本物ではない。

軸がブレるということは、想いや情熱が弱い。」

 

そうおっしゃった。

 

その通りだと思う。

 

そして山本氏からは、

諦めの悪さ、しつこさが大事だと。

しかし無謀の諦めの悪さは意味がない。

目指す頂点は同じ。

でも、迂回してもいいし、空から回ってもいいし、無謀でない方法を考える。

 

やめない限り、目指している。

諦めない限り、失敗ではないと。

 

皆考えているけど、行動に移せない。

それをサラッと実行してしまう山本氏はカッコいい。

 

その巻き込み力で幸せになっている人がたくさんいる。

 

楽しいところ、

ワクワクするところ、

希望があるところには人が集まる。

 

人がいて初めて夢は叶う。

 

アメブロ更新のお知らせが毎日届きます。

友だち追加してくださると嬉しいです!

友だち追加

ID検索はこちら

@hlj8422z

 

お問い合わせはこちら

 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

採用してもすぐに辞めてしまうのはなぜだろう。

働き方を変えるより、自分を知るほうが、働き方は変わる

 

社労士キャリアデザインOFFICE「サン&ムーン」
採用コンサルタント 代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2018.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools