2018
04.08

年次有給休暇時の通勤手当は支払うべきか?

就業規則, 年次有給休暇

有給休暇時の通勤手当

年次有給休暇を取得した場合の賃金は、「所定労働時間を就労した場合に支払われる通常の額」とされていることから、通勤手当については控除しないのが一般的。

しかし、法律上の定めではないので、年次有給休暇を取得した日について、必ずしも通勤手当を支払わなくてはならないということにはならない。

本来、通勤手当には、実費弁償的な性格があるから。

したがって、年次有給休暇を取得した日について、通勤手当が支払われなかったとしても、年次有給休暇を取得したために不利益を被ったと見るべきではなく、実際に通勤費用がかかっていないため、このような実費弁償的な性格の手当である以上やむを得ないと考えられる。

ただし、このような取り扱いをするためには、就業規則等で、「通勤手当は、実際に出勤した日についてのみ支給する。」とするというような根拠が必要だと思われる。