2018
04.08

フレックスタイム制の対象労働者とは?

就業規則, 労働時間

フレックスタイム制の「対象労働者の範囲」

「全労働者」あるいは「特定の職種の労働者」と定めることができる。

また、個人ごと、課ごと、グループごと等、様々な範囲も考えられる。

ただし、制度の性格上、たとえば、受付窓口や警備などの、勤務時間を厳守する必要のある職務に従事する者や、精・皆勤手当を支給している業務に従事する労働者には、フレックスタイム制は馴染まない。