2018
04.07

電子メールとインターネットの私的利用禁止は同時にできるか?

就業規則, パソコンの利用

電子メールの私的利用

就業時間中に私的メールや業務と無関係なサイトを閲覧することは、その義務を果たしていないことになり、就業規則に基づく懲戒処分の対象となり得る。

しかし、電子メールの私的利用とインターネットサイトの閲覧を同一視して議論することは、必ずしも適切ではない。

電子メールには私用か業務上かの区別を問わずに受信するという特性もあるし、やむを得ない事由で家族等に連絡をとる場面も想定される。

よって、結局は、社会通念上相当といえる合理的な利用の範囲を、各社の企業文化の中で決定していただくことになる。

 

インターネットの私的利用

これに対して、インターネットサイトの閲覧については、見る側の能動的な行為ですから、そこには従業員の意思が存在することになる。

また、勤務時間中に見なければならない必要性・緊急性が必ずしもあるわけではない。

したがって、インターネットサイトの閲覧については、私用メールよりも、使用者はその裁量で厳しく使用を制約することが可能ではないかと思う。