2018
04.07

遅刻を防止する方法は?

就業規則, 服務規律

人事評価や賞与に反映させる

実務上、遅刻常習者に対する基本的な対応は、懲戒処分を前提として注意をきっちり行なうこと。

そして、人事評価や賞与に差をつけるということが有効。

こうした評価方法は、会社が自由に設定できるし、勤怠成績が重要な評価項目であるということを社員に周知徹底しておけば効果的。

また、精勤手当といった手当を別枠で支給することも、遅刻等の抑止には有効。

これらの支給方法は法律で定められているものではないため、「1ヶ月に3回の遅刻、あるいは早退をした場合には、精勤手当を支給しない。」という規定も、遅刻の防止には効果的。