2018
04.07

試用期間の延長は可能か?

試用期間, 就業規則

試用期間の延長規定と合意

試用期間中に本採用の諾否について判断できない場合は、その期間を延長するということも考えなければならない。

試用期間の延長は、無条件でできるものではなく、就業規則に規定があるか、採用時に延長することもあるとの合意が無くてはならない。

したがって、所定の試用期間では、本採用の諾否の判断ができない場合には、試用期間を延長することがある旨の定めをしておいた方がよい。

 

むやみに延長することはできない

さらに、延長したことによる試用期間が、結果的に1年を超えるということになると、民法第90条の公序良俗に抵触する恐れがあるので、実際に延長する場合には、注意が必要。