2018
04.07

異動や転勤の業務命令は可能か?

人事異動, 就業規則

部署異動および転勤命令についての判例

判例では、「労働契約は、労働者がその労働力の使用を包括的に使用者に委ねることを内容とするものであり、個々の具体的労働を直接約定するものではないから、使用者は労働者が給付すべき労働の種類、態様、場所等について、これを決定する権限を有するものであり、したがって使用者が業務上の必要から労働者に配置転換なり、転勤を命ずることは原則として許される」とされている。

 

就業規則の規定

しかし、会社の権限をより明確にする為に、就業規則等に「会社は業務上の必要がある場合は、従業員に対し、配置転換、転勤を命ずることがあり、従業員は正当な理由の無い限り、これを拒むことはできない」という趣旨の規程を記載し、会社の命令権を根拠付けておく必要がある。