2018
04.07

服装や身なりを制限できるか?

就業規則, 服務規律

「表現の自由」と服務規律

本来、髪型や服装等は本人が自由に決定すべきものなので、「表現の自由」と言われると、使用者が一方的に禁止することはできない。

しかし、企業は、事業の円滑な運営・企業秩序を維持確保するため、就業規則に服務規律を定めることで、労働者に指示・命令することができる。

一方、労働者には、労働契約に定める労働条件および企業秩序を維持するための服務規律に従う義務がある。

したがって、労働者は労働契約の締結により、合理的な服務規律に従う義務があるので、それに従わない場合は、懲戒処分を行うことも可能。