2018
04.07

合意退職と辞職退職の違い

就業規則, 退職

2つの退職の意思表示

労働者が労働契約を解消(退職)しようとする場合には、会社に対してその意思表示をすることが必要。

労働者の退職の自由は、絶対的な権利だから会社はそれを拒むことはできない。退職理由についても特に法的な規定はないので、原則は、手続きをとりさえすれば退職できる。

退職の意思表示は、退職の申し込み(合意退職と呼ばれます)と辞職の意思表示の2つに区分することができる。

実際にこの区分を理解して、退職を申し出る社員は、ほとんどいない。

退職の申し込みによって退職するためには、会社がそれについて承諾することが必要。

一方、辞職の意思表示は、労働者からの一方的な契約解消行為であり、会社の承諾は必要ない。