2018
04.07

パワハラを防止するためにはどうしたらよいか?

就業規則, 服務規律

パワハラの防止策

パワハラを防止するための一番の対策は、パワハラが起きないような職場環境を作ること。

そのための企業の取り組みとして、以下のようなことが考えられる。

  1. 就業規則等の社内規則にパワハラ行為の禁止について規定
    会社としてパワハラに対する規定を示すことで、労働者にパワハラ防止への関心を持たせる。
  2. 実態の把握
    労働者へのアンケート等を実施することによって、パワハラの実態や問題を把握する。
  3. 全社員に対する研修の実施
    全社員に対して研修を行うことによって、パワハラに対する意識付けを行う。