諦めず努力することも大事だが、時には退くべき時を見極めることも強さの一つ

諦めず努力することも大事だが、時には退くべき時を見極めることも強さの一つ

高杉晋作『贅御日記』より

「まけてのく人をよわしとおもうなよ 知恵の力の強きゆえなり」

あきらめずに努力することが大切だと、
幼い頃からずっと言われ続けてきた。

3歳から15歳まで毎日何時間もピアノの練習をし続けた。

その名残だろうか。

私は一度取り組み出したことを、
結果が出る前にやめることを悪だと思ってしまう。

だから目指す頂点は同じで、方法は100万通りあるとわかっていても、今していることに執着しがち。

でもそれは本質ではなかった。

人にはもって生まれた強み、弱みがある。
自分の強みを最大限に発揮して社会に貢献すればいい。

そう知った時から、心も道も開けた。

「自分らしさって何?」
自分の潜在能力を知ることこそ、道を切り拓くための第一歩。

だから私は、その人その人の強みや良さを伝えたい。
そうすれば必ず豊かな人生が送れるはずだから。

智慧を働かせて、退くべきときに退く。
これぞ本質。
智慧も働かせずに、ただ諦めたり逃げたりすることとはまた違う。

だからこそ智慧を伝えたい。

紀元前500年頃、知識革命のときに生まれた
孔子やソクラテスや釈迦の教えを。

 

アメブロ更新のお知らせが毎日届きます。

友だち追加してくださると嬉しいです!

友だち追加

ID検索はこちら

@hlj8422z
お問い合わせはこちら
 

サン&ムーン たなかあやこ
サン&ムーン たなかあやこ

人が輝く職場づくり

社労士キャリアデザインOFFICE「サン&ムーン」
人材開発専門社労士 代表 田中亜矢子
http://sun1moon.com/

Copyright(C) 2018.サン&ムーン たなかあやこ.All right Reserved.Powerd by Job’s-Tools

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP